まちなか散歩帖

2018年10月09日 お十夜落語

すっとばしてしまったのですが、昨日は「お十夜落語」が西之門町のナノグラフィカでありました。

善光寺さんの行事「十夜会(じゅうやえ)」にあわせて行われている毎年恒例の落語会で、落語を聞き終わると19時頃になって、ちょうど善光寺で法話が始まってみんなで参拝という流れになります。

 


写真:内山温那

 

「十夜会(じゅうやえ)」は善光寺公式サイトによると

十夜会は「この世で十日十夜、善い行いをすることは、仏さまのもとで善い行いを千年することにも勝る」という 『仏説無量寿経(ぶっせつむりょうじゅきょう)』の教えを実践する法要です。

善光寺では、10月5日から10月14日、そして11月5日から11月14日の十日間ずつ、本堂において執り行われます。日本各地のお寺で年中行事として盛んにお参りされている十夜は、季語にもなっていて、信州にゆかりの深い俳人、小林一茶も次のように詠んでいます。

もろもろの愚者も月見る十夜かな

常日頃、善い行いをしたいと思いながらも、なかなか上手くいかないといった経験は我々誰にでもあるでしょう。一茶のいうように、愚者である我々人間は誰しもが未熟で未完成な存在ですから、それは当然のことかもしれません。

しかしそれでも今日という日を健やかにすごせるのは、なぜでしょうか。

今一度自身を見つめ、仏さまの尊さを知り、感謝の気持ちを新たにしていただく。
それこそが、この十夜会法要における「善い行い」に他なりません。
昼間の境内と異なる、ぴりりとした夜分の本堂にぜひお参りください。

ということで行われている行事。

この期間、参道付近にも提灯が飾られて、夜の景色はそれはそれは雰囲気のあるものになります。(提灯ないときも雰囲気はあるのですが)

夜の散歩もおすすめです。

 

2018年10月05日 またまた三連休

今週末もいろいろあります。お天気が良くなることを祈るばかり!

 

10月6日(土)

10:30~
善光寺表参道秋祭り&三陸大船さんままつり @新田町交差点~大門町交差点(歩行者天国)

11:00~
大福屋古モノ市 @大福屋

14:00~
謎解きイベント「ある秘密洞窟と不思議な暗号」 @Worldtreck Diner & Guesthouse Pise.

 

10月7日(日)

11:00~
大福屋古モノ市 @大福屋

14:00~
謎解きイベント「ある秘密洞窟と不思議な暗号」 @Worldtreck Diner & Guesthouse Pise.

 

10月8日(月・祝)

10:00~
キッズフェスティバルin権堂 @ごん堂広場、権堂イーストプラザ

ママまつりinNAGANO @ホテル犀北館

フリーマーケットinイーストプラザ @権堂イーストプラザ

 

8日は体育の日だけど子と親関連のイベントが多いですね。なかでも権堂のキッズフェスティバルは手作り感満載なお祭りで個人的におすすめです。中心市街地ではありませんが古里ではウェルカム三才まつりもやってますよ~

 

※写真は2013年のキッズフェスティバルin権堂

 

 

 

2018年10月04日 もんぜんぷら座

ものすごくどうでも良いことなのですが、10月初日、朝一でもんぜんぷら座に行きまして、ものすごくささいなことをしている最中に腰を抜かすという前代未聞の珍事がありまして、そのまま椅子で固まること20分、結局立ち上がれぬまま病院に運んでもらい、本日無事復帰に至る、ということがありました。

お気遣いいただいた皆さま、ご迷惑おかけしました。本当にありがとうございました。

 

 

仕事、がんばるぞ!

2018年09月28日 朝陽館ギャラリー『蔵』

先日、新田町にある本屋さん「朝陽館 萩原書店」に行きました。

 

 

朝陽館さんは明治時代から約150年の歴史を持つ本屋さん。お店の奥にある蔵は、ギャラリー『蔵』としてさまざまな企画・展示などに使われています。(サイトによれば江戸時代に建てられた蔵だとか)

 

 

こちらでは明日まで、東京と長野を行き来してさまざまな活動してきた女性ユニットgg(ジジ)の軌跡をまとめた『ジジの合鍵』出版記念展『ジジの合鍵〜巡回展 in 長野編』が開催されています。

 

 

おふたりの活動とゆかりのある写真家さんたちの作品なども展示されていて、ついつい長居してしまいました(仕事中だったけど)。

こちらのスペースもかわいかった~

 

 

展示会場にはggの小山さんのお母様もいらっしゃって、突然ふらりと訪ねて写真を撮りたい載せたいとお願いしたにもかかわらず快諾してくださってとてもありがたかったです。朝陽館のオーナーご夫婦(?)もびっくりするくらいフレンドリーで気さくな方々でした。(ファンになりそう)

いただいた名刺を見て「十六代目 萩原磯右衛門」の肩書きにもびっくり。「社長」ではなく「萩原磯右衛門」の名が代々受け継がれているんですね。

 

 

自分のまちにこんな本屋さんがあるってかっこいい。かなり自慢に思います。

2018年09月27日 手書き看板

ちょっとした言葉が添えられていたり、お店の方の近況が書かれている手書き看板が好きです。今日はこのページを書く時間が作れなかったので手書き看板メドレーを。

 

1.先日のまちあるきで立ち寄った岩石町の「大福屋」さんの店頭看板(どうぞ~の言葉に歓迎されてる安心感~)

 

2.手書き看板を好きになったきっかけ、西鶴賀通りにある「珈琲館 珈香」さんの看板(オチ爆笑。いつもほがらか)

 

3.毎日この文量で更新。尊敬しかない問御所町のヘアサロン「FOREST」さんの看板(内容はいつもほっこり) ※写真は昨年のもの

 

4.不定期更新。かなり読み応えあり。西之門町の「箱山布団店」さんの看板。(今はお店のあらたな試みについて書かれてます!) ※写真は昨年のもの

 

5.シンプルイズベスト。店主の方はきっとさっぱりした方なんだろうな(常連さんも多いんだろうな)と思われる南千歳町の「かどや」さんの看板。 ※写真は昨年のもの

 

6.「営業中」のお知らせに添えられたちょっとした気遣いがうれしい権堂町の「ラーメン花月嵐」さんの看板。 ※写真は昨年のもの

ちなみに「肌寒い秋になってきました。風邪など引かないよう注意して下さいネ!」と添えられていますが、店から出てきた店員のお兄さんは半そででアイス食べてました。(それなりにけっこう寒い日だった)

 

ちなみに看板じゃないけど最近定点観測しているのが駅前にある「はちの子」さんの貼紙です。

「雨が降っても 暑くても お店の中は 軽井沢」

リズムに乗って何度も口ずさみたくなるこのキャッチフレーズは秋になってどんな言葉に変わるのでしょうか、はたまた、変わらないのでしょうか。

胸を高鳴らせながらたびたびお店の前を通っています。

 

 

 

 

月別アーカイブ

アン・ハウス