まちなか散歩帖

2018年10月18日 薫蔵KUGURA

「門前農館」さんの西側にある「ギャラリー豆蔵」。そのとなりの蔵に「薫蔵(KUGURA)」というコーヒー屋さんがオープンしていました。

コーヒーのお供に提案しているのが、自家製野菜のポトフ、ぜんざい、バケットサンド。

急いでいたので声もかけず写真とってしまいました。申し訳なし。今度絶対行きます。

 

 

薫蔵 KUGURA
※「門前農館さんやそう」さんの西側です

2018年10月17日 平野珈琲

先週(11日)から11月30日(金)まで約1ヵ月半、立町の「平野珈琲」さんで『珈琲と絵本と』という催しが開かれています。

写真:内山温那

主催はnami and co.さん。田町に事務所を構えられていて、古絵本販売やこども向けのワークショップ、イラストレーションなどの活動をされているそうです。

写真は2年前の「ながの門前写真展」で内山さんが撮影したもの。「平野珈琲」はマスターである平野さんの吸収力というか受け止め力が半端なくて、お店に伺ってちょっとしゃべっただけでもせかせかした気持ちやしゃべり方が身体から放出される感覚になるから不思議です。この写真からはそんなお店の空気感や時間の流れが伝わってくるような気がして、あらためて見入ってしまいました。

写真はありませんが、活けられている植物もとても素敵です。

 

珈琲と絵本と

会期/2018年10月11日(木)〜11月30日(金)
時間/8:30〜18:00
定休日/火曜日、水曜日
場所/平野珈琲(長野市長野立町981)
駐車場/専用駐車場が2台分ございますが、満車の場合お近くのコインパーキングにお停めください。

※11月17日(土)には読み聞かせイベントも予定されているそうです

2018年10月16日 ごんバル・駅前バル

明日は第20回ごんバル&第10回駅前バル

権堂と駅前周辺のお店をはしごして楽しむ「食べ飲みあるきイベント」です。

 

 

写真はたしか昨年冬(だったか…?)のごんバル。ぼ~ずバーで蒸し牡蠣とホタテのお刺身をいただきました。

弊社の宴会部長、小沢さんの笑顔はいつも素敵!

 

 

2018年10月15日 着物でお寺めぐり

今週土曜日(20日)は「ながの門前まちあるき」があります。

まちなか(固く言うと中心市街地)で暮らしや仕事を楽しんでいる方々が毎月ふたり登場し、それぞれの視点やテーマで街並みを案内してくれます。

今回の案内人は、権堂町にある往生院の金子住職。

善光寺表参道周辺の浄土宗の寺院を着物姿でめぐって楽しみます。

 


写真:高島浩

 

写真はこれまでたくさん行われてきた着物あるきの中から選んだ何枚か。

こうやって見ると、どんな背景でも着物ってやっぱり絵になりますね。私もお借りした着物を着せていただいて何度か参加したことがあるのですが、着ているだけでけっこうテンションが上がるから不思議です。(歩いているだけで無性に楽しい)

 

きものでお寺めぐり
10月20日(土)10:00~12:00
善光寺表参道周辺には、それぞれの歴史を経てきた素晴らしい寺院がたくさんあります。今回はその中でも、私が住職を務める「往生院」と同じ浄土宗の寺院を一緒に巡ってみましょう。
※着物でご参加ください

案内人:金子英滋(往生院 住職)
1992年より「往生院」住職。若里荒木の「蓮心寺」住職、善光寺門前にある「パドマ幼稚園」の園長も兼務している。

【コース】
東町ベース

往生院

十念寺

西方寺

寛慶寺

楽茶れんが館

【定員】各回10名(要予約)
【参加料金】1000円(学生500円)+飲食代実費
【集合時間】開始時刻の10分前
【予約・お問合せ】090-1553-1485(まちくらしたてもの案内所/受付午前9時〜午後6時)
【当日集合場所】東町ベース(長野市東町146-3)

※まちあるき中の体調管理や事故、トラブルに関しては自己責任でお願いいたします。
※小雨決行、荒天中止

【企画協力】ナノグラフィカ
【主催】長野市中心市街地活性化協議会
【運営協力】まちくらしたてもの案内所

 

2018年10月12日 ながの祇園祭さんぽ

来週金曜日(19日)は「ながの門前まちあるき」があります。

まちなか(固く言うと中心市街地)で暮らしや仕事を楽しんでいる方々が毎月ふたり登場し、それぞれの視点やテーマで街並みを案内してくれます。

今回の案内人は、長野市都市整備部 市街地整備局 駅周辺整備課の小林陽さん。地元(小諸)の祇園祭が日々の心の支え、というお祭り命な小林さんとともに、地域に根ざすお祭りの息吹を感じながら「お祭り」視点でまちあるきを楽しみます。

 

 

写真は昨年の花回廊の際に権堂イーストプラザで舞っていただいた権堂町の勢獅子。お獅子は地域によってさまざまなバリエーションがありますが、やっぱり権堂の勢獅子の迫力は別格です。昔は乱暴御免でこの巨大な口をバクバクさせながらお店や民家の軒先を壊しながら暴れ舞っていたというから驚きですよね。

現代の舞ってる方々に言わせると、頭部が重くて激しい動き(そして祭りの時期はたいてい暑い)なので、内部では次は誰が頭の部分を持つかで押し合いへし合い怒号が飛びかっているらしいです。そんな部分もなんか好きだ。。笑

 

ながの祇園祭さんぽ
10月19日(金)14:00~16:00
今年も賑々しく開催されたながの祇園祭。一時の中断を挟みましたが、県内でも有数の伝統を誇るこのお祭りは、地域にとってどのようなものなのでしょうか。地域に根ざすお祭りの息吹を感じながら、中心市街地をお祭りという視点で覗いてみましょう。

案内人:小林陽
長野市 都市整備部 市街地整備局 駅周辺整備課

【コース】
東町ベース

屋台ギャラリー(後町ホール)

西後町公民館

能登重商店

弥栄神社

zawacc caffe

 

【定員】各回10名(要予約)
【参加料金】1000円(学生500円)+飲食代実費
【集合時間】開始時刻の10分前
【予約・お問合せ】090-1553-1485(まちくらしたてもの案内所/受付午前9時〜午後6時)
【当日集合場所】東町ベース(長野市東町146-3)

※まちあるき中の体調管理や事故、トラブルに関しては自己責任でお願いいたします。
※小雨決行、荒天中止

【企画協力】ナノグラフィカ
【主催】長野市中心市街地活性化協議会
【運営協力】まちくらしたてもの案内所

月別アーカイブ

アン・ハウス