まちなか散歩帖

2018年09月27日 手書き看板

ちょっとした言葉が添えられていたり、お店の方の近況が書かれている手書き看板が好きです。今日はこのページを書く時間が作れなかったので手書き看板メドレーを。

 

1.先日のまちあるきで立ち寄った岩石町の「大福屋」さんの店頭看板(どうぞ~の言葉に歓迎されてる安心感~)

 

2.手書き看板を好きになったきっかけ、西鶴賀通りにある「珈琲館 珈香」さんの看板(オチ爆笑。いつもほがらか)

 

3.毎日この文量で更新。尊敬しかない問御所町のヘアサロン「FOREST」さんの看板(内容はいつもほっこり) ※写真は昨年のもの

 

4.不定期更新。かなり読み応えあり。西之門町の「箱山布団店」さんの看板。(今はお店のあらたな試みについて書かれてます!) ※写真は昨年のもの

 

5.シンプルイズベスト。店主の方はきっとさっぱりした方なんだろうな(常連さんも多いんだろうな)と思われる南千歳町の「かどや」さんの看板。 ※写真は昨年のもの

 

6.「営業中」のお知らせに添えられたちょっとした気遣いがうれしい権堂町の「ラーメン花月嵐」さんの看板。 ※写真は昨年のもの

ちなみに「肌寒い秋になってきました。風邪など引かないよう注意して下さいネ!」と添えられていますが、店から出てきた店員のお兄さんは半そででアイス食べてました。(それなりにけっこう寒い日だった)

 

ちなみに看板じゃないけど最近定点観測しているのが駅前にある「はちの子」さんの貼紙です。

「雨が降っても 暑くても お店の中は 軽井沢」

リズムに乗って何度も口ずさみたくなるこのキャッチフレーズは秋になってどんな言葉に変わるのでしょうか、はたまた、変わらないのでしょうか。

胸を高鳴らせながらたびたびお店の前を通っています。

 

 

 

 

2018年09月26日 門前町の一コマ

結婚式の前撮りをされているおふたりを見かけました。

この界隈は善光寺さんもあるし、緑も建物も道もかっこよくてとても絵になるので、前撮りをされる方をよく見かけます。(おめでとうございます!)

 

 

ふたりの足元には八幡屋礒五郎の唐辛子缶を模したベンチも。

これもまた、この界隈では日常の風景であります。

2018年09月25日 グラノーラ学

今週土曜日(29日)は長野門前大学の「グラノーラ学」が開催されます。

「長野門前大学」は「善光寺門前界隈で暮らしたり、働いたりしている人たちから、さまざまなことを学ぼう!」ということで平成27年からスタートし、ふだんは接する機会の少ない善光寺や寺町ならではの文化を体験できる講座などを定期開催しています。

主催は「NPO法人長野門前創造会議」さん。

善光寺門前の魅力を広く発信し、北陸新幹線でつながるさまざまなエリアと人の循環・交流を創造することを目指して活動されています。

 

※写真:丸山美容室(権堂)の柱

 

グラノーラ、好きなんだよなぁ。高校時代、お弁当箱にグラノーラを入れて、購買の牛乳と一緒にお昼ご飯・・・というのにはまった時期があって、私のお弁当は取り出すと波の音がすると友人たちから評判でした。

今またあらためて学んだらあのブームが再来して危ない気がしています。

おいしいですよね、グラノーラ。

 

※※以下、facebookより引用※※

26回目となる授業は「グラノーラ学」。千曲市で素材と製法にこだわったグラノーラやドライフルーツを製造販売する、株式会社ぐらんふぁーむの阿部社長をお迎えして開催します!
新感覚なグラノーラの食べ方や、健康の話など、今まで知らなかったグラノーラの世界が垣間見れること間違いなしの120分です!お友達お誘い合わせのうえ、是非お越しください!「グラノーラ学」

9月29日 土曜日 15時〜17時
場所:権堂パブリックスペースOPEN シェアオフィスtorinoco
講師:株式会社ぐらんふぁーむ 阿部靖 先生
講義費:500円
教材費:1800円(各種グラノーラの試食、トッピングあり)
定員:20名
予約:026-217-0555

2018年09月21日 Yama to kawa flea.

今日から24日(祝・月)まで、権堂町の「ヤマとカワ珈琲店」でフリーマーケットが開催されるそうです。ヤマとカワ珈琲店さんは自家焙煎の珈琲豆(7種)と珈琲関連の用品やオリジナルグッズを販売しているお店で、今回のフリマ企画ではご近所さんのお店やお友達に声をかけて集まった品々がお店に並ぶそうです。

 

 

店主の山下さんは、私の中では「手の所作の美しい」という印象が一番強い方。仕事で社判をもらいに行ったことがあるのですが、スタンプ台を出して判を押すだけ行為が、スムーズなのに時が止まったように見えるくらい美しくて、はっと息を呑んで見つめてしまいました。

 

 

珈琲は素人ながら、そんな手の動作ができる人は仕事も雑には扱わないのではと勝手に想像して尊敬・・・と言うと大げさですが、なんというか大きな意味で(?)すごいなぁと感じました。イベントページには「過度な期待はせずに気軽にお越しください」と書いてあるので、あまり期待はしすぎずに、でもどんなものが並んでいるのか楽しみにしながら伺ってみたいなぁと思う今日この頃です。

一店舗だけじゃなくてご近所さんのお店もまわったりもできるし、一帯を楽しめるこういう企画っていいですよね。

 

写真すべて:田中江里

 

yama to kawa flea

9月21日(金)~24日(月)11:00~日没まで

※※以下、facebookより抜粋※※

こんにちは。
ヤマとカワ珈琲店です。

このフリマは、当店のご近所さんや仲間たちに出品をお願いしています。
それぞれ個性的な店主たちが集めたモノなので、もしかしたらお宝が見つかるかもしれませんが、過度な期待はせずにお気軽にお越しいただければ幸いです。

開催期間中は、特別にAM11時より営業いたします。
せっかくなのでドリップコーヒーとお菓子類も販売しようかと思います。
喫茶時代に提供していたあれやこれやを思い出して、久しぶりに腕まくりする予定です。
マイカップをご持参いただけるとちょっとお得にします!

ちょうど開催期間中は散歩に気持いい気温になる予感がしています。
まち歩きついでに、どうぞお立ち寄りください。

=== store ===

yama to kawa
Bird.
OND WORK SHOP
COTOINC.
…and Friends.

会場には駐車場がありません。お越しの際は公共交通機関でお越しいただくか近隣コインパーキングをご利用ください。

 

ヤマとカワ珈琲店

2018年09月20日 桜スクエアパフォーマンス

昨日は長野市芸術館エントランスの桜スクエアで行われたパフォーマンスを観てきました。(パフォーマンス経緯はこちら

とてもゆっくりとした動作で展開するパフォーマンスで、スロームーブメントと言うらしいです。

寝転んだまましばらく起きないふたり。

起きた!

 

 

約30分のパフォーマンス終了。

ちょうど市役所の帰宅時間帯だったこともあって、足早に帰路に着く人たちとこの一連の展開の時間差がありすぎておもしろかったです。

一場面だけを切り取って見ると全然何のことか分からないし動きもないけど、長い目で見るとすべてが繋がってどういうことだったか分かる。パッと見で分かりやすく成果が目に見えて出るパフォーマンスとは違うスケールのものだというのも、なんだか近頃成果を求められがちな市民芸術館の立ち位置(?)にも通じるところがあるような・・・という感想を勝手に抱いてしまいました。(←演者の意図ではないはず)

まわりの人とおしゃべりしながら観る側が想いをめぐらせる時間があったのもよかったです。おもしろかった!

 

ちなみに市長も帰りがけに観覧してました。

月別アーカイブ