まちなか散歩帖

2019年10月21日 高津秀太郎アートギャラリー

みなさんこんにちは。

雨が降りそうでしたので、長野市表参道をたまには歩いてみることにしました。

本日のまちなか散歩帖は、アートギャラリーにぶらり。

とんかつ専門店 からり さんを通り過ぎるとこちらの看板が。

こんなところにギャラリーあったんだあ、と思いながら階段を上がりました。

不定期で開催しているらしい。開いているときに来れてラッキー☆

 

 

広くはないですが、おしゃれですっきりとした空間です。

髙津秀太郎さんは、このギャラリーのほかに須坂市内にも「髙津秀太郎美術館」があります。

開館日は予約制ですが、入場料は無料ですので髙津さんの絵をぜひ見てみたいという方は是非お問合せをしてみては。

それではギャラリーへ入ります。

とっても特徴的で、目立つ作品が並んでいます。

この栗のモチーフがなんか良いじゃないですか!

(わたしは絵に対して全くの無知なので、個人的な意見となります)

今年に入ってからの作品「鬼女」

高津さんがギャラリーにて直接受付をしており、作品や今までの個展などの経緯。

独学で画家となるに至ったきっかけなど、お話ししていただきました。

髙津さんは、大胆な人生の選択の仕方をしたお話をお聞きし、ぜひ私も参考にさせていただきたいと思います。

 

ポストカードが購入可能です。

なんかだるまのポストカードがかわいくて買ってしまいました。

 

開館しているタイミングに合えば、ぜひふらっと立ち寄ってみるのが面白いと思います。

 

アン・ハウス