まちなか散歩帖

2019年06月05日 6月9日まで 鉄の芸術

 

皆様お疲れ様です。

6月に入りますます暑くなってきました。

 

さて本日は、皆様に現在開催中のイベントについてご紹介したいと思います。

こちらお邪魔いたしましたのは、(SHINKOJI CAFE) 新小路カフェ さん。今こちらの新小路カフェ内 新小路ホールで開催されております、

「鉄の彫刻の青木野枝と陶芸の内田鋼一との二人展」

やってまいりました。

 

頂いた案内はこちら。

少し前に、信毎に記事が載っておりました、「鉄の茶室」拝見しにまいりました。

お伺いしたのは、月曜日でしたので新小路カフェさんは定休・・

いつもは結構どの時間帯も人が多い人気のカフェです。

(以前、ながの門前まちあるきでも利用させていただいております。ありがとうございます。次回開催は、6月22日です!

 

 

今日はカフェはお休みですが、ギャラリーは開いております。

中へ進むと・・

青木野枝さんの鉄の作品、内田鋼一さんの陶芸の作品がそれぞれ展示されております。

お二方とも日本を代表する有名な芸術家だそうで、

海外からも注文が来るんだとか!

 

素敵なお茶碗が展示されています。

そして、大本命のこちら。

 

鉄のお茶室でございます。

高さと幅2メートルくらいの大きさです。

繊細・・!

ガラスがところどころにはめられていて、おしゃれです。

伝統的な畳のお茶室とは違い、外からもお茶室の様子がうかがえます。

畳でなくても、お点前の道具たちとなんだか雰囲気がぴったり。

芸術作品に中に入り、非現実感を味わえます。

おしゃれすぎる!!!

芸術とは・・・今までの感性を覆すものなのですね。

 

9日まで展示しています。是非お立ち寄りください。

 

 

 

アン・ハウス