まちなか散歩帖

2018年10月15日 着物でお寺めぐり

今週土曜日(20日)は「ながの門前まちあるき」があります。

まちなか(固く言うと中心市街地)で暮らしや仕事を楽しんでいる方々が毎月ふたり登場し、それぞれの視点やテーマで街並みを案内してくれます。

今回の案内人は、権堂町にある往生院の金子住職。

善光寺表参道周辺の浄土宗の寺院を着物姿でめぐって楽しみます。

 


写真:高島浩

 

写真はこれまでたくさん行われてきた着物あるきの中から選んだ何枚か。

こうやって見ると、どんな背景でも着物ってやっぱり絵になりますね。私もお借りした着物を着せていただいて何度か参加したことがあるのですが、着ているだけでけっこうテンションが上がるから不思議です。(歩いているだけで無性に楽しい)

 

きものでお寺めぐり
10月20日(土)10:00~12:00
善光寺表参道周辺には、それぞれの歴史を経てきた素晴らしい寺院がたくさんあります。今回はその中でも、私が住職を務める「往生院」と同じ浄土宗の寺院を一緒に巡ってみましょう。
※着物でご参加ください

案内人:金子英滋(往生院 住職)
1992年より「往生院」住職。若里荒木の「蓮心寺」住職、善光寺門前にある「パドマ幼稚園」の園長も兼務している。

【コース】
東町ベース

往生院

十念寺

西方寺

寛慶寺

楽茶れんが館

【定員】各回10名(要予約)
【参加料金】1000円(学生500円)+飲食代実費
【集合時間】開始時刻の10分前
【予約・お問合せ】090-1553-1485(まちくらしたてもの案内所/受付午前9時〜午後6時)
【当日集合場所】東町ベース(長野市東町146-3)

※まちあるき中の体調管理や事故、トラブルに関しては自己責任でお願いいたします。
※小雨決行、荒天中止

【企画協力】ナノグラフィカ
【主催】長野市中心市街地活性化協議会
【運営協力】まちくらしたてもの案内所

 

アン・ハウス